ジゴワッツとイード「バーチャルキー」アーリーアクセスプログラム開始

第一弾にスマートバリュー「Kuruma Base(クルマベース)」

MARCH 13, 2019

株式会社ジゴワッツ(本社:東京都中央区、代表取締役:柴田 知輝 以下、ジゴワッツ)と、「iid 5G Mobility」でモビリティ革命への貢献を目指す株式会社イード(本社:東京都新宿区、代表取締役:宮川 洋 以下、イード)は、本日より自動車向けスマートロックシステム「バーチャルキー」のアーリーアクセス開発パートナーを募集開始し、また本日から開催の「第17回国際オートアフターマーケットEXPO2019」に出展しパネルディスカッションやデモンストレーションを行います。

 「バーチャルキー」は、クルマの鍵をスマートフォンに置き換える、つまり「スマホがクルマの鍵になる」スマートロックシステムです。ジゴワッツの認証技術を利用した認証サーバとスマートフォンアプリおよび専用車載器によって構成されます。カーシェアリングサービス事業者のアプリにバーチャルキー機能を組み込むことも可能です。

システム構成

 今回のアーリーアクセスプログラムは、カーシェアリング・レンタカーサービスの事業者やシステム提供者を対象にしています。既存の車両の貸出し管理システムから、APIを通じて利用者や利用可能期限を設定した鍵を発行するといった、スマートロックの機能を容易に開発することができます。
 第一弾として、モビリティIoTを掲げる株式会社スマートバリュー様より、クルマのサービス化を推進するためのプラットフォーム「Kuruma Base(クルマベース)」への採用を目的として、既にアーリーアクセスプログラムへの参加表明をいただいております。

 ジゴワッツとイードは、急速に増えていくカーシェアリングやレンタカーなどのモビリティサービス(MaaS)において、無人化、24時間化を実現するツールとして、多くの事業者様に採用していただけるよう検証作業や実証実験に協力していきたいと考えています。

第17回国際オートアフターマーケットEXPO2019 (略称:IAAE2019)について

 また、本日3月13日(水)から15日(金)まで東京ビッグサイトにて開催される「第17回国際オートアフターマーケットEXPO2019」に出展し、アーリーアクセスプログラムの概要をご案内いたします。さらに3月15日(金)13時より「オートアフターマーケットでの鍵の運用が鍵になる」というテーマで、IHI運搬機械株式会社様、株式会社スマートバリュー様、株式会社SPACER様、軒先株式会社様とともにジゴワッツ代表の柴田がパネルディスカッションに登壇し、バーチャルキーのビジネス活用についての議論に参加、モデレータはイードのレスポンス編集人である三浦氏が務めます。セミナーの終了後15時より、実車による「バーチャルキー」のデモンストレーションを行います。

第17回国際オートアフターマーケットEXPO2019開催概要
会期:2019年3月13日(水)~15日(金)10:00~17:00 (最終日のみ16:00まで)
会場:東京ビッグサイト 西3・4ホール
主催:国際オートアフターマーケットEXPO実行委員会
URL:http://www.iaae-jp.com/
国際オートアフターマーケットEXPO (IAAE) は、自動車の売買・整備・メンテナンスをはじめ自動車を取り巻く環境・インフラなど様々な自動車アフターマーケットに関する最新情報、業界動向を、セミナー・実演・展示などにより情報発信をし、有意義なビジネス交流の場を創出するコンベンションです。

パネルディスカッション形式セミナー
「オートアフターマーケットでの鍵の運用が鍵になる」(有料セミナー:2,000円)
開催日時:3月15日(金)13:00~14:30
場所:西ホール セミナー会場D
登壇者:
IHI運搬機械株式会社 パーキングシステム事業部プロジェクト推進統括部 理事/統括部長 村井 厚則 氏
株式会社SPACER COO 松元 裕介 氏
株式会社スマートバリュー スマートバリューLab.Div. Division Manager 上野 真 氏
軒先株式会社 代表取締役 西浦 明子 氏
株式会社ジゴワッツ 代表取締役 柴田 知輝
<モデレータ>株式会社イード レスポンス編集人 三浦 和也 氏

以上

本件に関するお問い合わせ
株式会社ジゴワッツ(担当 宮村) pr+vk@jigowatts.jp
東京都中央区日本橋馬喰町2−3−3 ジゴワッツビル3階